要らないものの処分は不用品回収業者に頼ろう|手軽に廃棄

解体は業者選びがポイント

紹介サービスで安全確認

財布

船舶解体を依頼する時にも、どのような業者を選ぶかは大変重要です。解体作業を安心して進めるためには、主要なポイントをチェックする心構えが必要です。船舶解体においても、見積もりの正確さや適正な方法で作業が行われるかといった点は、基本的な確認事項です。自分サイドで確認が難しそうな時には、解体専門の相談サービスを利用するという手があります。解体業者を幅広く紹介するサービスが、現在では全国から利用出来ます。このようなサービスでは、船舶解体に関しても対象としているため、所有している船の処分を考えている時は、相談してみることが可能です。専門の紹介サービスでは、これまでの事例から、業者を利用する時にトラブルが発生しやすい所を重々承知しており、見極めのポイントなどを快く教えてくれます。料金が発生する仕組みは、船舶解体を利用する際にも初めに確認しておきたい点です。ステップごとに費用が加算されていく業者は、最終的な料金が分かりにくいことが多々あります。トラブルの発生を避ける上でも、最初に総合料金の見積もりを提示する業者の方が、安心感が大きいことは確かです。紹介サービスを通じて教えてもらった業者なら、大概、最低限の条件はクリアしています。ですので、後は自分が希望する条件に合致しているか否かが、判断の決め手となってきます。業者が対応している船の規模や費用の金額などを聞き取り、結論を出していくのが常識に適った進め方です。

船の解体とその特徴

男の人

船舶解体は、使用しなくなった船の廃船処理をするときに行うもので、解体および破砕を経て、船体・機器を再利用可能な部品、エンジンなどと、リサイクルする金属部材およびそれ以外の産業廃棄物とに分別し、これを売却または廃棄処分して完結します。解体作業は、小型船なら現地で行えることもありますが、一定以上の大きさになると専用の施設を持つ解体業者のところに輸送または回航して実施します。いずれの場合も、重機、輸送用車両、船台など、船舶解体のための設備と解体のノウハウが必要で、それらを持たない企業や個人では実施できません。船舶解体作業の場合、対象が重量物であるばかりか不安定な形状をしているため、特に安全に配慮した作業環境下で行われることや、燃料や有害物質を含めて船内からの廃棄物は適切に回収処理されることが要求されます。燃料や潤滑油その他危険物などは、解体前に確実に抜取りまたは撤去しておくことが必要です。船舶解体の手順は、まず転用可能な計器類やエンジンなどを取り外した後、残された機器類と共に船体を粗解体し、金属部材などを大まかに分類、さらに破砕により小さくした上で素材別に分別します。船体に金属類が多用されていたり、状態の良いエンジンが搭載されていたりする場合、廃船処理費用よりも金属等の売払い金額の方が大きくなることが多いので、廃船を買い取ってくれる船舶解体業者もあります。FRP船の場合は、これまでFRP材の廃棄処理が難しく、解体することなく放置される船が多くありましたが、燃料やセメント原料への転用技術の確立によって「FRP船リサイクルシステム」の運用が始まり、収集から解体、燃料チップ化まで、他の材質の船とは違った手順を経て低コストでリサイクルできるようになりました。

お得な船の処分方法

船

使わなくなった船を処分する際に行う船舶解体は、処分費用がかかるイメージがありますが注意して行えば買取り価格がつくことがあります。次の船を購入する際の資金にすることもできるので、船舶解体を行うときには出来るだけ高額な査定を受けられるようにしましょう。注意点としては、大手業者や地域で長年にわたって船舶解体を行ってきた信頼できる業者に依頼することです。安さを優先すると今まで何の実績の無いところに依頼することがありますが、その場合はただ処分をするだけとなっています。手早く船を処分する際には便利ですが、よりお得に処分したい場合には不向きなので注意しましょう。船舶の処分を行う際にはまだまだ使える部品を適切に取り外していきます。それらは所有者が想像する以上に需要があり、発展途上国などにも多数売られているのです。ずっと使ってぼろぼろになってしまったから価値は無いと思いがちですが、海外を視野に入れると買取をしたがる人は数多く存在します。船舶解体業者を利用するときにはそうした海外への売却も考えて行いましょう。そうすることでより多くの選択肢を得ることが出来、満足度の高い処分を行うことができます。船の部品は単純な鉄くずも買取り価格がつくことがあり、金属リサイクルなどの流通に載せることも可能です。鉄鋼業界を相手に船舶解体で生じた部品を売ることも出来るので、業者に話を通しておきましょう。後悔しない船舶解体を実施するためにも、海外や鉄鋼業界などをしっかり視野に入れておくべきです。